スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前所有者の上下水道料金滞納分は、現所有者支払い義務有

 前所有者が滞納していた上下水道料金について、管理組合の現所有者に対する請求を認める判決がありました。
 A氏は、所有していたマンションを管理費、上下水道料金を滞納した状態で、B氏に売却してしまいました。管理組合は、当該滞納分をB氏に請求したが、B氏は支払わなかったので、提訴に至った。
 B氏は、上下水道料金は専有部分に関する立替金の求償権であり、供用部分の管理とは直接関係がないことから、特定承継人(B氏)に対して請求することはできないと主張しました。
 裁判所は、給排水設備は管理規約で建物の付属設備であると規定しており、管理組合が全体の使用料を立て替えて支払い、管理規約に基づき、使用量に応じて請求することは有効であるとして、管理組合の請求を認めました。大阪地裁平成21年7月24日判決。 文責:浅島
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

富山県マンション管理士会

Author:富山県マンション管理士会
富山県マンション管理士会です。 富山のマンション管理の事で分からないことがありましたら何でもご相談ください。
富山県マンション管理士会事務局
〒939-8005 富山市中市1-28-14 
電話076-407-1338 村田まで

メールの場合はメールフォームからお問い合わせください。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
マンション名:
電話番号:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。